カワゴエひとしの記録

Twitterで同名の方をたくさんフォローした後の心の変化や、日々思いついたことを書いています。

何となく始めたことが、思いがけない変化をもたらした。

こんにちは、カワゴエひとしです。

「ひとし」は本名から取っています。

2021年2月10日。いつものとおりTwitterをぼんやり見ていると、ふと、自分の本名と同じ人にはどんな人がいるのだろうと思い、「ひとし」で検索しました。

そうすると、好きなアイドルを追っかけている「ひとし」さんや、会社を経営している「ひとし」さん、俳優の卵の「ひとし」さん、ギャンブラーの「ひとし」さんなど、当然ですがいろいろな「ひとし」さんがたくさん表示されました。

今の生き方に何かしら刺激を加えたいと思っていた僕は、同じ名前だけどまったく異なる価値観を持っている他の「ひとし」さんをもっと知りたいと、まず、そのときは自分のTwitter名に「ひとし」が入っていなかったので「カワゴエひとし」と改名、次いでプロフィール固定表示機能を使ってその旨を掲載し、「ひとし」「ヒトシ」でユーザー検索して、約350人の方を一気にフォローさせていただきました。

その後すぐにさまざまな反応をいただいたのですが、僕が驚いたのは、「面白いことをされますね」という好意的なご意見が多かったことでした。

そんな感じで、スタートは「何となく」という感じでした。

しかし、その後僕は、心に何かしらの変化を覚えます。

Twitterのタイムラインがいろいろな方のツイートで埋まっている、それはこれまでと同じなのですが、今はそのツイート主の名前がほぼ「ひとし」「ヒトシ」さんで、その影響か、一つひとつのツイートがこれまで以上にしっかり意識へと飛び込んでくる感じになりました。

これまで以上にそれぞれのツイートが大事に見えてきた、というのでしょうか。とにかく不思議な感覚です。

この経験の後、僕は、身の回りの人に対して、ちょっと優しくなっている自分を発見しました。

このあたり、まだ考えがまとまっていないことと、夜遅くなってきたので、続きはまた後日書きます。